Classic Cleanersを訪問してきました

みなさん、こんにちは。

アメリカに来ております。私のFacebookページをご覧の皆さんは私がどこにいるのか大体ご存知だと思います。今回はペンシルベニア州のCarlisleという街を訪問しました。ここを訪問した理由はClassic Cleanersという会社を訪問するためでした。そこで皆さんに今回はこのクリーニング店を紹介したいと思います。

 

普通にお店を見てみるとなんの変哲もない雰囲気なのですが、人口5万人程度の小さな街で立派な売上を上げております。実際にビジネスの内容を教えてもらうと面白いことをいくつもやっていることがわかります。実際に彼らはこれだけのビジネスを展開しておりました。

ドライクリーニング・ランドリーサービス(これは誰もが普通にやっています)

ファイヤーレストレーション(聞いたことないですよね?)

ウェディングドレスサービス(日本では全然高値で取引できないモデル)

コインランドリー(これは日本でもおなじみ)

ウォッシュ&フォールド(最近、日本で注目されているモデル)

5種類ものビジネスをやっているのです。その中でも特に面白いのがファイヤーレストレーションというビジネスです。皆さんはこの意味、分かりますか?

ファイヤーレストレーションというのは火事などで洋服が煙を吸ってしまい臭いが取れなくなってしまった場合に適用されるクリーニングサービスです。火事だけではありません。水害によって洋服が水浸しになった場合でもこのサービスが有効となります。故に保険会社との取引が多くなるわけですが、彼らの場合はCRDNというグループに属しているのでその本部からノウハウを学んでサポートしているわけです。実際にCRDNの本部からテリトリーもしっかり与えられているので、その地域内の事故については全部このお店に案件がやってくる仕組みとなっているわけです。

どのようにクリーニングをしているのか?については彼らのノウハウなので残念ですが公開できません。ただオゾンを使っているようですね。料金は保険の補償になるので全くディスカウントする必要がない、これはとてもうれしいビジネスです。

本業であるクリーニング業も忙しくしているようです。ワイシャツは毎日2000枚以上を集めますが、価格は$2.70からとなっているので決して低価格ではありません。ドライクリーニングよりもワイシャツビジネスの方が大きいようですが、参考にしなければならないのは価格をあまり安くしていないことです。アメリカはそもそも洋服のカジュアル化が進んでいます。故にドライクリーニングの需要がとても少なくなっているのです。それが故にワイシャツはとても集まりますが、ドライ衣類はなかなか集まりづらい状況になっています。それでも儲けるためにはワイシャツの値段を落とさないことです。

今回はダブルを3台も買ってもらいました。大きな投資ですが、とても喜んでもらえました。決して特別なことをやっているわけではありません。ですが日本のような行き過ぎた価格競争がないからでしょうか・・・。隣町のHarrisburgまで含めても7080店の競合があると言われておりますが、あまり気にならない競争なとのことです。

これは古くからやっている老舗ブランド、一番綺麗にやっている品質ブランドなどが原因しているのでしょう。ほぼお客様からは指名買いされているのです。社長のPaulaさんは「もしあなたは何も持っていない状態でクリーニング業をやるか?」と質問されたら私は絶対にやらないだろう、とおっしゃっていました。幸運なことに先代から残された設備とブランドがあったから続けられた、とおっしゃっていたのです。

儲かるクリーニング業には「ブランド」が必要なのだ、ということを改めて理解させられました。そのブランドには「綺麗にする」という品質が必ず入っております。人々に信頼されるお店が最終的に永続するお店となり、そのお店こそが利益をたくさん取ることができるようになるのでしょう。

皆さんのお店は価格を落として品質に妥協していないでしょうか?クリーニングビジネスを永続する方法はどうもここら辺にありそうです。とても良い訪問でした! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です